Helixes Inc.のメンバーやそのマインドについて発信していく「Helixes.log」。
今回は、Helixesの関連会社・株式会社comicspaceが運営する、次に読みたい漫画が見つかる漫画の口コミ情報サービス・comicspace(コミックスペース)のボードメンバーの鼎談をお送りします。
同サービスは、2018年にHelixesの八木(株式会社comicspaceの代表取締役/メディア「コミスペ」編集長)と南浦(同社CCO)、そして西(同社CTO)の3人によって立ち上げられました。これまで、広告や映像などの制作を主軸としてきたHelixesにとって、ゼロから新しい事業を作ることに、どんな意義があるのでしょうか。「世界中の人が漫画を楽しみ、国境や人種、文化を超えて、感動した作品で繋がれる世界をつくる」と標榜する彼らの、サービスへの思いを尋ねます。
Interview & text by Kentaro Okumura
躍進のきっかけは、サービスとして燻っていたタイミングで獲得したTSUTAYA賞
ーまずは、comicspaceを作ろうと思ったきっかけを教えてください。
八木光平(以下、八木) もともと、Helixesは「停滞はゆるやかな死」というマインドのもと「Go Forward」という企業理念を掲げており、事業をアップデートすることを重要視しています。加えて、広告や映像の制作だけで今後将来的に事業規模を拡大していくのは難しいだろうと考え、新規事業の開発に取り組んできました。
その一例が、西たちと作った「REClike」というお気に入りの動画を管理、共有するためのサービスです。開発メンバーそれぞれが健闘したものの、なかなか上手く軌道に乗せられず、悔しい思いもありました。

インターネット上のお気に入り動画を管理・共有するWebサービス「REClike

でもやっぱり、「自分たちが好きなコトを扱い、自分たちが欲しいと思える、情熱を注げるサービスを作りたい」という思いを胸に抱えてきました。
そこで選んだのがずっと大好きだった漫画。漫画には食べログやFilmarksのようなレビューに特化した使いやすいサービスやサイトがなかったので、不便だなと思っていたんです。
南浦聡介(以下、南浦) 僕は八木のアイデアを聞いて、comicspaceのUI/UXの設計や開発に、デザイナーとして参加したいと申し出ました。僕自身も漫画が好きで、読んだ巻数をチェックしたり、読んでいる漫画の新刊が出たときの通知が欲しいなぁと思っていたので。
また、Helixesに入社してから、映像プロデューサーとして多くのプロダクションワークに関わってきましたが、1つのプロダクトと長く付き合い、突き詰めていく仕事に挑戦してみたかったというのも、参加しようと思った要因です。
西崇文(以下、西) 僕は過去に何度かサービスを立ち上げた経験がありますが、自分たちが満足すればそれでいい、という感覚で作ってきた結果、失敗が続いてきました。2人のように「漫画好き」としてではなく、あくまでビジネスとしてサービスをグロースさせてみたいという思いがありました。
八木 REClikeのスタートの時点から、参加メンバーはこういったサービスを作るのに慣れておらず研究開発のような側面もあったため、西の会社とHelixesの共同出資のLLP(※有限責任事業組合)という形式をとって、各サービスを運営してきました。
ただ、comicspaceの事業を進めるうちに、外部からの投資を受ける際や提携の際に弊害が出てくることが分かり、2019年6月にHelixesの関連会社として株式会社化することにしました。僕と南浦はHelixesに所属(西は業務委託)しながら、株式会社comicspaceにも所属しているという形です。

次に読む漫画が見つかる。漫画の口コミ情報サービス「comicspace

ーほぼスタートアップ未経験の3人が立ち上げたサービスながら、昨年「T-VENTURE PROGRAM」(※) でTSUTAYA賞を受賞しました。なぜこのプログラムにエントリーしたのでしょうか?​​​​​​​
八木 僕らがベンチマークにしている「Filmarks」がこのコンテストをきっかけにサービスを展開していたこともあって、もともと出たいなと思っていたんです。
エントリーした頃のcomicspaceは、サービスとして徐々に伸びてきてはいるものの、分かりやすい結果が残せておらず、どういう方向を向いていけばいいのかいまいち見いだせていませんでした。
もちろん、僕自身は首尾一貫してこのサービスに可能性を感じていたし、強い覚悟をもって取り組んできましたが、一方で「(こんな状況なら)周囲はネガティブに思っているかもしれない」と、期待に応えられていない気負いもあったんです。
そんな中だったので、個人的には「TVPで絶対結果を残してやる!」という気持ちでエントリーしました。

(※)CCCグループがベンチャー企業とイノベーションを起こし、新たな価値を提供するサービスを創ることを目的としたプログラム。

「T-VENTURE PROGRAM」受賞時の写真

西 何より大きかったのは、受賞という結果によって「大丈夫かな?」という社内の雰囲気が「あいつら結果出てきたね」「もっと応援しよう」という機運へ変わったことでした。また、プレゼン資料を作る過程で、サービスの目標をゼロから、それこそペルソナの設定からやり直したのが大きかったですね。
南浦 TVPの中に「将来性」という審査項目があって、目標やどういう将来を見据えているのかなどを資料で提出する必要があって。それまでサービスの方向性もしっかりと固めきれずにいた僕らにとって、TVPは自分たちの根幹を見つめ直す機会にもなりました。
作品に対して能動的に語る場があることで、文化は花開く​​​​​​​
ーcomicspaceのデザイン設計において意識していることは?
南浦 誰もが直感的に触ることができることと、漫画を探すハードルをなるべく下げることです。漫画は刊行ペースが速く、膨大な数がある。だからこそ、読みたい漫画が簡単に見つかること、新しい漫画に出会うキッカケをつくることで、読むことへのハードルをなるべく下げて、「この漫画を読んでみよう」という入り口を広くしたい。なによりもユーザーが迷わないデザインが大事だと思っています。
ーこれから実装する予定の機能はありますか?
南浦 レビューやコメント、読書管理のデータを用いて、ユーザーが読みたい作品をアプリ側がレコメンドする機能をさらにアップデートする予定です。
同時に「受動的でありすぎること」は、これからの世の中にはフィットしないとも思っていて。自分自身で「掘っている」という感覚を持ちながら、漫画を探すことに楽しさや価値を感じられる設計にしたいですね。
サービスの面では検索、読書管理、新刊通知を強化していく一方で、SNSでは作品や作家をより深く理解できるコンテンツを増やすなど、特性に応じた役割をメディアごとに持たせようと考えています。
八木 例えばcomicspaceのWebマガジン「コミスペ」では、今は有名なマンガ家や編集者の方へのインタビュー記事と、新刊のレビュー記事をメインに発信しています。特にレビューは毎日のように公開していて、現時点で700件ほどの記事があります。
広告費をかけられず、リソースも少ない中で、作品の情報を通して流入を増やしたいという思いで始めたものですが、今南浦が言った考え方に近いものがあります。

マンガの宇宙を旅するためのWebマガジン「コミスペ!

南浦 やっぱり「受動」だけだと、カルチャーは衰退してしまうと思うんです。批評も含めて、ユーザーが作品に対して語る場があることで、文化が花開く。comicspaceがそんな仕組みを設計することで、マンガという文化をもっと活性化していきたいと思っています。
ー食べログによって外食との向き合い方は変わったし、Netflixによって映像コンテンツとユーザーの関係性や、映画界そのものが変わりつつある。一つのサービスが、その文化に大きな影響を与えるケースは珍しくないですよね。
八木 ゼロからサービスを作る醍醐味はそういうところにあるかもしれません。ここ最近のSNS関連の動向を見ていると、comicspaceがどうあるべきか、考えることは多いです。
例えば、最近だとTwitterでバズる短編漫画が増えています。この事象自体は時代の流れだからおもしろいと思うし、否定的に捉えてはいません。ただ、そればっかりになってしまうのも違うと思っていて。
SNSで数字が伸びるものがトレンドとなって、大手出版社等がその方向へ走るのは当然ですが、comicspaceではその軸からできればなるべく離れたい。「PV数以外の指標軸」を出せたら、世の中にもっとおもしろいマンガが出てくるんじゃないかなと思います。
南浦 今や「漫画」は日本だけのものじゃありません。comicspaceでは今後、世界中のマンガも取り扱って、世界中の人に使われることによって漫画という文化が更に広がっていく手助けができるといいなという希望を持っています。朝起きたら、お気に入りのインドの漫画の最新刊が出た通知が届く。そんな世界だったら、すごく素敵じゃないですか。漫画に関わる全ての人を幸せにしたいですね。
西 サービスの開始当初から抱いている、「漫画を読もうと思ったときに、まず開いてもらえるサービスにしたい」という想いは変わりません。漫画が好きな人にとっての一番の選択肢になることが目標です。
広告と映像の経験を積みながら、新規事業を生み出せる環境
ースタートアップ企業としてサービスをグロースさせるという、Helixesでの仕事とは全く異なる指向性の業務を経験することに、どのようなメリットがあるのでしょうか。
南浦 これまでいわゆる普通の社員だったのが、サービスを運営する会社の役員になったわけで、そういう側面では 新しい視点を持てたことは大きかったと思います。また、サービスを開発、運営することで得たマーケティング領域の知識やスキルは、今Helixesで携わっている進行中の案件でも活かせていると感じます。
八木 サービスを運営することは、受託案件のように誰かクライアントとかがいるわけではないので、全てを自分達でコントロールできるし、しないといけません。全てにおいて自分達の責任なので、「分析し判断する力」が試されます。日々勉強でしかないですね。
あと、僕はやはり先程言った、TVPでの一連の流れで得た経験が大きいです。自分たちのサービスをどんな言葉で伝えたら、相手がどんなふうに受け取るか。そもそもいわゆる「ピッチコンテスト」への参加自体が初めてだったので、資料作りもプレゼンへ向けた練習も、全てが糧になりました。
ーcomicspaceが結果を残し始めたことで、Helixes社内への影響はありましたか?
八木 「新規事業をしっかり開発していこう」というマインドが経営陣やスタッフの間に生まれるきっかけになったと思います。大きな成功を収めなくても、得た知識やクリエイティブの力、ネットワークが別の仕事にも活かすことができるし、これまでやってきたことにもフィードバックできる。そういう「有益性」が明確になった気がしますね。
南浦 そもそも、社内で行っている新規事業のコンテスト「Step Forward」は、comicspaceがあったから生まれたという側面もあります。Helixesは、広告や映像の仕事に携わりながら、自分でゼロから事業を立ち上げたいという思いも持っている人は特に向いている会社だと思います。

株式会社comicspace ボードメンバー

西 あと、comicspaceでは開発、デザイン、PR、企画、編集とほぼ全ての業務で人材を募集中です。
僕はもともと出版業界に行こうと思っていて、エンジニアリングを学んだのは大学を卒業してから。わりと最近なんです。なので、CTOの座を奪うのは簡単だと思いますね(笑)。それに、今ちょうどアプリの中のシステムを最新の技術へ全て作り変えているところで、エンジニアとして技術をガシガシ学びたい人にとっても合うんじゃないかなと。
八木 外部の方々にもたくさん協力して頂いていますが、基本的には僕たち3人が運営メンバーなんです。僕も社長をしながら、編集長として全ての記事を最終チェックしてるくらいなので、人手は全然足りてないんですよね(笑)。漫画のことが好きで、comicspaceでやりたいことがあれば、柔軟になんでもトライできる環境です。スポットからでも良いので、興味がある方はぜひご連絡頂けると嬉しいです!
▶comicspaceへの問い合わせはこちら
https://media.comicspace.jp/contact_form?type=6
▶求人応募フォームはこちら
https://bit.ly/3gD0U1c
Back to Top